高尾山古墳

高尾山古墳保存と都市計画道路(沼津南一色線)整備の両立に関する協議会

 沼津市HPへ
パブリックコメント受付開始! あなたのご意見を→ こちら

高尾山古墳とご神木

静岡県沼津市金岡地区にある高尾山古墳は『前方後方墳』です。

都市計画道路建設の際発掘調査され大変貴重な古墳であることがわかりました
地元では古くから旧高尾山 穂見神社 熊野神社の塚の下には古墳があると伝えられ
1800年もの間大切に保管されていました

2015年6月 高尾山古墳のある静岡県沼津市では 都市計画道路建設工事を進めるために
古墳を削りながら調査し 道路建設を進める予算が市議会で可決されました
2015年8月 沼津市長は道路建設による高尾山古墳取り壊しを白紙にすると発表

古墳は一時的に取り壊しを間逃れました
現在第2回目までの協議会が終了し、パブリックコメントを募集の後、第3回目の協議会が開催される予定です。

市長は協議会を踏まえて最終的に判断すると述べています。

高尾山古墳がより良い形で保存されるためには多くの方のご協力と見守る力が必要です。東国最大最古級前方後方墳の高尾山古墳は国民共有の貴重な財産です。
私達の子孫のためにも高尾山古墳を守りましょう

このサイトは皆さんとともに 高尾山古墳を学び、親しみながら作り上げていくものです
高尾山古墳の保存活用に関するコメントとともに
高尾山古墳の情報、資料をご提供のご協力をお願い致します

高尾山古墳” への13件のフィードバック

  1. 科学技術の発展で、最近は南極の氷にPipeを差し込んで、千年単位で太古の昔からの空気の成分や気候変動まで調べられるようになってきている。また地中の磁鉄鉱の分布で、地球の地磁気の移動までわかるようになってきている。直近では放射性物質の積層からその成分で原発事故かどうか、炉心溶融まで行ったのかどうかもプルトニウムでわかる。将来なぜ日本民族が滅亡したのか?もわかる。恐竜がなぜ滅亡したのかも巨大隕石のせいだというのもわかる。そして古墳はその年代が文化遺跡品の査定から推し量ることが出来、将来科学技術の発展でさらに詳細な分析が出来るようになることはあきらかで、日本の歴史の調査と共に将来の展開をより的確に推測することが出来るようになる。日本人は残念ながら効率とか、経済効果とか、外国生まれのお金にかんする評価に誠に卑屈で、当面のことで、遺跡のような将来への予測上大変重要なものを平気で葬り去ってしまう非科学的な要素がつよい。当面の生活のみが興味の最先端になり、けっきょくとりあえずの生活でばたばたする。そして損をする。そのように考えると、遺跡の価値というのは今の科学の価値だけで考えては、無価値に近いことがわかる。問題なのは政治は我欲世界の凝縮版なので、非科学的なこと極まりない。やはり、学術界が、今の憲法学会のように立ち上がらなくてはならない。

    いいね: 1人

  2. 小学校高学年まで沼津(金岡小学校)に住み、現在は千葉に住んでいます
    高尾山の祭りにはもちろん行きましたし、根方街道が狭い事も良く知っていますので、とても複雑な思いでこの古墳の件のニュースを聞いていました
    ただ、これは守られるべきだよねとは家族と話しておりました
    今年(2015)お盆に帰省した時家族と熊野神社へと赴きました
    残念ながら神社は移転していたのですね、記憶を頼りに訪れましたがわからず、神社の場所を探そうと検索している中このサイトに行き当たりました
    結果、既に白紙に戻っていると知り、安堵しました
    その道を利用されている方々には申し訳ありませんが、利便性と引き換えに様々な物が失われて行く現在にあって、本当に良い決断をされたと、沼津天晴れという気持ちでいっぱいです
    皆様、ご活動本当にありがとうございます
    引き続き協議会の行方を見守りつつ、陰ながら応援いたします

    いいね: 1人

  3. 速度を減速して急カーブ案が在りますが×事故の元 車線も2車線から1車線何て渋滞の元
    東熊堂にお願いして神社を今一度移転して頂き東側に道路建設をした方が安全かつ無難
    だと思います 沼津市側からしっかりとお願いすれば良いと思います

    いいね: 1人

  4. 道路設置を別の場所に移すなどの措置を考えるべきではないかと思います。今ある場所を旧道にして、新しく新道を建設べきなのではないかと思うのです。そんな貴重な場所を壊したりすることがない場所に新道を持っていくべきです。考え方が歪です。問題なく作れる場所があるはずです。高尾山古墳を残すことを最大に考えるべきです。

    いいね: 1人

  5. こうした貴重な遺跡を破壊することは、トルコでISが神殿破壊しているのと同じことで、ぼうきょというほかないですね。
    道路をそこに面接するという必要性がどれだけあるのか、人類の貴重な歴史、遺産を破壊してまでもやらねばならないほど重要なことなのか、ということを再検討して欲しいですね。

    いいね: 1人

  6. 先日、高尾山古墳に行ってきました.私は保存に賛成ですが、新設の道路は地下にするとか、あるいは古墳の上に橋を渡すとかできないものかと簡単に思っていましたが、現地を見ると、少なくとも差し迫った新設の道路には、あまりにも一号国道が近くて地下道、ブリッジいずれも無理のような気がしました.山神社を現在の場所に移さなければ、あるいは古墳を避ける道も考えられるとは思いますが.具体的にどのような保存が考えられるでしょう.遺跡はその場所になければ意味がありません.そのままどこかに移転するという方法は「保存」にはならないとおもいます.どなたか完全に保存できるというお考えがあるのでしょうかね.  (横浜市在住 田村裕幸 80歳)

    いいね: 1人

  7. 清水町伏見で発掘された恵ヶ後、谷口遺跡は黄瀬川の河岸段丘の崖上にあります。(弥生時代後期から古墳時代前期(200~250年ごろ)に造成されたとみられる大溝が見つかった。周辺地からは過去に大規模な住宅跡も出土していて、関係者は同遺跡に東日本最古級の前方後方墳とされる高尾山古墳(旧・辻畑古墳、沼津市東熊堂)に埋葬された豪族が住んでいた可能性が高いとみて、調査を進めている。と清水町教育委員会は発表している。)恵ヶ後、谷口遺跡と高尾山古墳の関係についての今後の調査研究が待たれます。そして、スルガの国の東部地域が日本の歴史にどう関わったのかを知る手掛かりを、高尾山古墳は与えてくれるのではないかと思います。沼津市当局や関係各位には難事案ではありますが、保存と道路の両立を模索して解決策を見つけて欲しい。ちなみに、恵ヶ後、谷口遺跡は調査後、土中に眠っています。

    いいね: 1人

  8. 高尾山古墳は沼津の宝ではありません。
    日本の宝です。
    日本の宝を沼津市が破壊するなど、許されることではありません。

    ちなみに、本当にあの道路で渋滞が解消するのでしょうか?
    接続先である国道一号線の渋滞が解消されない限り、結局脇道に流れ、同じ事の繰り返しになるのでは?

    「道路を優先して古墳を壊した沼津市。だが、結局渋滞は解消されなかった…。」
    こんな記事が載るようなことにはならないでほしい。

    いいね: 1人

  9. 2016年7月17日 物凄い偶然で高尾山古墳の事を知りました。
    知った途端に静岡県のまちづくり課に保存お願いメールをしてしまいました。
    リンクを貼っておいていただいたお陰で県民でも無い私が速メール出来ました、有り難かったです。
    有力者の古墳見たい!!どうか保存されます様に!!!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中